適当とテキトー

今まで技術系のネタ以外のことをブログに書くのは意図的にやっていなかったんだけど、それだとブログを書くクセがどうしてもつかないと思ったのでやめることにした。やめるのは「ブログを書かないこと」であって、ブログではない。

その言葉を覚えた頃から、「てきとう」という言葉が気になっている。本来の意味は物事が目的通りに当てはまることを言っているはずなのに、口語では「いい加減にやる」というニュアンスで使われることが多い。言葉狩りをしたいわけではないんだけど、この言葉のニュアンスの違いをどう書き記したものかと思って、中学生の頃から表題のように書き分けることにしている。

考えると「いい加減」という言葉も不思議だ。ちょうど良い按配という意味のはずがこれもなぜか口語ではまじめに取り組まない感じのニュアンスが出る。でもこれを「イーカゲン」と書くのにはまだしっくりこない。何度か書いてる内に慣れる気がする。読む人は慣れるまで時間かかりそう。

ブログを書くのも適当にいい加減でやりたい。テキトーでイーカゲンなことも混じるだろうけど、気にしないことにした。